空気の乾燥と岡山県のインフルエンザの取り組み

日本の冬は非常に乾燥が激しい傾向にあります。寒さも厳しく0度以下のことも多く、空気が乾いてしまうと言われています。こうした気候になるとウイルスが大変増殖しやすく、とくにインフルエンザの大増殖が見られるようになります。また人間の鼻やカウチなどの粘膜が乾燥することからこうしたウイルスが侵入しやすくなります。そのため冬には感染者が多くなり、多くの人が苦しめられることになります。岡山県でも毎年のように冬には空気の乾燥が見られ、子供を中心に多くの人に感染をみる事ができます。学級閉鎖なども深刻になるので岡山県の市町村や保健所は人々にインフルエンザワクチンの接種を啓蒙しています。特に高齢者や子供が感染してしまうと肺炎や脳症などを併発して命に係わる危険な状態になってしまう可能性が高いと言われています。そのため岡山県では高齢者などに県の補助金を助成しインフルエンザワクチンを低価格で接種できるようにしています。ワクチンを接種すると抗体ができ、感染の確率を低下させてくれます。また万が一感染したとしても重篤化しにくいと言われており、高齢者や子供の死亡率低下に貢献します。しかしインフルエンザワクチンで予防したからと言って決して万全ではなく油断してはいけません。常に冬場は加湿器で加湿を心がけることが大事です。また免疫力、抵抗力の低下でも感染しやすくなるので日ごろから体を鍛え、健康維持に努める必要があります。食生活、睡眠、ストレス、運動などすべての生活習慣の見直しが必要になってきます。腸を鍛えるのもインフルエンザ感染予防に有効と言われています。乳酸菌や食物繊維などを積極的に普段から摂取するのも良いでしょう。