インフルエンザの症状が出ても検査が陰性なら大丈夫?

インフルエンザの初期症状が出たら検査をして、陽性と診断されれば治療薬を処方してもらえます。最近の医療機関ではインフルエンザ検査キットが常備されていて、これを使うことでインフルエンザA型やB型など、少し待てば結果が出るようになっています。治療薬が発症後48時間以内でないと効果が薄いとされていることからも、すぐに結果が出るのは大変有りがたいことです。しかしこの検査結果、陽性と出たら間違いなくインフルエンザですが、陰性が出た場合は、感染しているともしていないとも言えない状態なのです。治療薬の効果が48時間と言われるのは、ウイルスの増殖がまだ初期段階で、抑えることが可能な時間とされていて、検査もこの期間で行うと、ウイルスが少ないため陰性になることが度々起こります。特に成人では陽性の結果が出る確率が低く、検査で陰性と出た場合には、最終的に医師が症状や診察結果から総合的に判断を下すことになります。間違いなくインフルエンザだと判断してくれればいいのですが、別の病気だと判断されると治療薬が処方されなくなります。実際にインフルエンザに似た症状もあるのですが、どちらにしても正しい処方薬を出してもらわないと困るわけです。皮肉なことに検査は、発症後48時間以降であれば高確率で正しい結果がわかります。そのため初期症状の頃に検査を受けて陰性だったからといって、安堵して会社に出社したり学校に登校するのは危険です。実は陽性で周囲の人に感染させてしまったということも起こりえるため、しばらく大人しく家で待機して、インフルエンザ検査をもう一度受けることが大切となります。そのためインフルエンザの検査結果は100%ではないということを念頭において、検査を受けるようにしましょう。