鼻から噴射するフルミストでインフルエンザ対策

インフルエンザの予防対策としては、注射による予防接種が一般的となっていますが、最近ではフルミスと呼ばれるインフルエンザの予防方法があります。このフルミスとは鼻腔に噴霧するタイプのインフルエンザ生ワクチンとなります。ただし、フルミストに用いられるウイルスは弱体化されたものですから、症状が発生することはありません。フルミストで鼻腔内に投与することによって、インフルエンザの疑似感染状態を作り出すことができ、免疫をつくることができます。特にウイルスというものは、鼻から侵入することが多いわけですが、フルミストであれば、鼻腔局所の免疫が強くなるため、インフルエンザの感染の予防効果が高くなります。
ただし、フルミストによるインフルエンザの予防対策は、現在国内ではまだ認可が下りていません。しかし、特に子供には通常のワクチンよりも予防効果が高いということが分かってきていますから、希望者がいる場合は、ワクチンを輸入したものを接種することができる医療機関もあります。また、子供の場合、注射がどうしても苦手であると言ことがありますから、そのような子供に対しても有効的な手段であるということが言えます。
フルミストの注意点としては、接種できる対象年齢が2歳未満、50歳以上の人、5歳未満で喘息の既往歴がある人、慢性疾患がある人、免疫不全がある人、妊婦などの対象者はフルミストでの接種を受けることができません。また、副反応が起こることがあり、よくあらわれる症状として、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱といった風邪の症状が起こる場合があります。中には、アレルギー反応を起こす場合もあります。ただし、これらの副反応の頻度は少ないといわれています。

インフルエンザワクチンとステルス病原菌について

インフルエンザの病原菌には、A型とB型、C型の3種類があり、特にA型とB型が人間に感染するとされ予防接種の為のワクチンがよういされています。
A型には、ウイルスの表面に存在する抗原性糖タンパク質である16種類のヘマグルチニン(HA)と9種類のノイラミニダーゼの組み合わせにより、理論上144種類のインフルエンザウイルスの存在の可能性があるとされ、人間の数百倍~約千倍の確率で連続変異を繰り返し、突如不連続抗原変異を引き起こすのでウイルスの種類は増える可能性があります。又、ウイルスは、連続を変異を繰り返しているので同じH3N2亜型でも、ウイルスの性質が異なる事があり、薬剤に対する耐性や強毒性に変異するケースもあります。
厚生労働省では、過去の流行の傾向などから流行が予想されるインフルエンザウイルスに対するワクチンを用意します。
現在の予防接種は、2015年までの数年間はH1N1亜型に分類ソ連A型とH3N2亜型に分類されている香港A型とB型のウイルスに対する3価ワクチンでしたが、2015年冬シーズンはB型を1種類増やした4価ワクチンが用意されています。
しかし、ワクチン製造で問題となっているインフルエンザウイルスがあります。
致死率の高いH7N9亜型に分類されているこのウイルスは、2013年に中国で感染が確認され、人から人への感染及び流行が懸念される事からワクチンの製造が急がれているのですが、不連続抗原変異によりウイルスの表面に存在する抗原性糖タンパク質をヒトタンパク質と同質に変化させ、人間の免疫システムからウイルス(病原菌)をカモフラージュする為、ステルス病原菌と呼ばれています。
H7N9亜型ステルス病原菌のワクチン製には、カモフラージュ連鎖を除去する微調整病原タンパク質の解明が必要とされています。

インフルエンザの万能ワクチン研究

インフルエンザには、毎年の様に急激に流行するA型と数年おきに流行するB型、1度感染すると一生免疫が持続するC型があり、特に人間に強い感染力を示すA型とB型に対してのワクチンが用意されています。
しかし、インフルエンザウイルスの表面に存在する抗原性糖タンパク質のヘマグルチニンやノイラミニダーゼの種類により、ウイルスの毒性や感染力などの性質が異なり、各ウイルスに対して専用のワクチンが必要です。
現在、A型のウイルスには、へマグルチニン16種とノイラミニダーゼ9種があり、144種のウイルスの存在の可能性があります。
又、頻繁に連続変異や不連続抗原変異を引き起こしているので、更にウイルスの種類が増加する事も考えられ、感染力や毒性の強いウイルスへの変異の可能性もあります。
その為、インフルエンザウイルスの全ての型に対応する万能薬や万能ワクチンは無く、タミフルやリレンザ、アビガンなどによる治療や厚生労働省が予測したワクチンによる予防接種が行われています。
現在、研究されている万能ワクチンは、型の違うインフルエンザウイルスもウイルス内部のタンパク質構造は似ており、変異し難い特徴を利用して、感染した細胞を細胞障害性T細胞に攻撃させる細胞性免疫が応用されています。
タミフルやリレンザは、ノイラミニダーゼに作用する事で、増殖したウイルスを感染した細胞内に封じ込めウイルスの拡散を抑制し、症状の悪化を遅らせる効果がありますが、ウイルスを死滅させる効果は無いとされています。
エボラ出血熱で注目されるアビガンも、インフルエンザウイルス自体に直接作用するのでは無く、感染細胞内でRNAの複製を阻害しウイルスの増殖を抑制する医薬品です。
インフルエンザ治療薬も、万能ワクチンと同様にウイルス内部のタンパク質に作用す万能治療薬が開発されています。
■感染力の強い
インフルエンザA型
■インフルエンザの治療薬以外の薬の通販をしたい方
薬 通販